人生には、突然、無性に何かをしたくなってしまうときがあります。
そんなとき、人は結婚したり、家を買ったり、会社を辞めたりしてしまいます。

さて、あなたは、今、なぜか無性に0より大きく1未満の小数が欲しくてたまらなくなりました。
JavaScriptを使ってその欲求を満たしましょう。
ランダムな数、それをプログラミング言語では「乱数」と呼びます。

乱数というのは非常に重要な概念です。
経理をするときに適当な数を入れておけばいいや、なんてやってしまうとアウトですが、ゲームを作るときに乱数がないと途端につまらないものになってしまいます。

ある一定の確率で大成功したり、大失敗したりするからこそゲームも、人生も面白く数奇なものであるわけです。
1
2
3
<script>
    document.write(  Math.random());
</script>
Math.random() というのは、0より大きく、1より小さい小数をランダムに生成するという機能を持ちます。

画面を再読み込みすると、その結果は違うはずです。