あなたは今、猛烈にモテています。
そんな現実はこの世には存在しませんので、そんな夢をみているとします。
100人の異性から同時に言い寄られ、困っておりました。
正直どの人も魅力的です。

もう誰でもいいや、と考え、抽選会を開くことにしました。
しかし、くじ引きにすると不正があったのではないかと揉めに揉めました。

しかし、あなたにはもう一つの手段があります。
そう、JavaScriptがね。

ということで1から100までの数字のうち、ランダムな一つを表示するプログラムを作りましょう。
Math.random()を使えば、0より大きく、1未満の小数を出すことができます。
これを使って、考えてみましょう。
Math.random()を100 倍すると・・・・?
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
<script>
    //randという変数に0より大きく1未満の小数を代入
    var  rand  =  Math.random();
    //それを100倍して、randに再び代入する
    rand  =  rand  *  100
    //そうするとrandは0より大きく100未満の小数になるので、
    rand  =  Math.ceil  (  rand  );
    //  Math.ceilで小数点以下を切り上げれば良い。
    document.write(  rand  );
</script>