変数iに100を代入します。
それが本当に100ならば、「ほんまに100円やわー」、
100より小さければ「安っ!」、
100より大きく200円以下ならば「ほんまかいな?」、
200円より大きければ「なんでやねん」
とコテコテの関西弁で表示しましょう。
if文の基本ですね。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
<script>
    var  i  =  100;
    if(  i  ===  100){
        document.write('ほんまに100円やわー');
    }else  if(  i  <  100){
        document.write('安っ!');
    }else  if(  i  <=200)  {
        document.write('ほんまかいな?');
    }else  {
        document.write('なんでやねん');
    }
</script>
iの値をいろいろ変えて試してみましょう。